酒類の詰め替えとは、酒類販売業者等が仕入れた酒類をあらかじめ別の容器に小分け等して陳列し販売する行為をいいます。
酒類の詰め替えを行う場合には、詰め替えを行う場所の所在地を管轄する税務署長に詰め替えを行う2日前までに「酒類の詰替え届出書」と「表示方法届出書」を提出しなければなりません。

届出事項

届出期限

様式

販売場等で酒類を詰め替えようとする場合詰め替えを行う2日前まで・酒類の詰替え届出書・表示方法届出書

 

なお、酒類の購入者があらかじめ用意した容器に、購入者の希望する酒類を、希望する量だけ酒類販売業者が販売するいわゆる「量り売り」については、販売する酒類の販売業免許を有していれば、手続き等は必要ありません。

電話でのお問合せ・相談はこちらから(初回無料です)
052-528-1507
(受付時間:月〜土曜日の9時〜20時)

お電話いただくと「ありがとうございます、フレックス行政書士事務所です。」と出ますので、「NPO法人の設立を依頼したい」「NPO法人の設立について相談したい」などご用件をお願いします。

名古屋酒類販売免許申請代行オフィス(フレックス行政書士事務所運営)
〒451-0016 愛知県名古屋市西区庄内通4-12 あさひビル4C
お客様専用安心ダイヤル
TEL:052-528-1507 
FAX:052-528-1508
受付時間:月〜土 9時〜20時(初回無料)
メールでのお問合せ:info@taka-office.com

※お電話いただく際にご注意ください。
  • お名前を必ずお願いします。
  • 書類の書き方についてのご相談はお受けしておりません。書類の書き方に関してご不明な場合は、左のリンクから提出先の役所へ確認をお願いします。
※行政書士には、お客様からお聞きしたことを誰にも漏らさない義務(守秘義務)が法律で定められていますのでご安心ください!