酒類販売業者は、酒類の仕入れ、販売に関しての帳簿を作成し、販売場ごとに帳簿を常時備えつけておき、その帳簿を5年間保存しなければならないとされています。

帳簿には次の事項を記載します。
■仕入れに関する事項
・仕入数量
・仕入価格
・仕入年月日
・仕入先の住所及び氏名又は名称

■販売に関する事項
・販売数量
・販売価格
・販売年月日
・販売先の住所及び氏名又は名称(小売の場合省略できます。)
次にあげる事項を満たしていれば、販売した数量、販売年月日について、3か月以内の合計数量を一括して帳簿に記載することができます。
1.仕入れた酒類の全部について、仕入れに関する事項(数量・価格・年月日・仕入先の住所及び氏名又は名称)が全て記載された伝票を仕入れ先からもらい、それを5年以上保存しておくこと。
2.3か月以内に酒類の棚卸しを行っていること。

 

電話でのお問合せ・相談はこちらから(初回無料です)
052-528-1507
(受付時間:月〜土曜日の9時〜20時)

お電話いただくと「ありがとうございます、フレックス行政書士事務所です。」と出ますので、「NPO法人の設立を依頼したい」「NPO法人の設立について相談したい」などご用件をお願いします。

名古屋酒類販売免許申請代行オフィス(フレックス行政書士事務所運営)
〒451-0016 愛知県名古屋市西区庄内通4-12 あさひビル4C
お客様専用安心ダイヤル
TEL:052-528-1507 
FAX:052-528-1508
受付時間:月〜土 9時〜20時(初回無料)
メールでのお問合せ:info@taka-office.com

※お電話いただく際にご注意ください。
  • お名前を必ずお願いします。
  • 書類の書き方についてのご相談はお受けしておりません。書類の書き方に関してご不明な場合は、左のリンクから提出先の役所へ確認をお願いします。
※行政書士には、お客様からお聞きしたことを誰にも漏らさない義務(守秘義務)が法律で定められていますのでご安心ください!