酒類小売業者は、酒類販売管理者に、その選任の日から3か月以内に酒類販売管理研修を受けさせることが求められています。
研修は、小売酒販組合など財務大臣から研修実施団体として指定を受けた団体が開催しています。
研修の開催日時や開催場所等については、各研修実施団体のホームページ等で公表するとともに、国税庁のホームページにも公表されています。

    ↓

愛知県の酒類販売管理研修の日程等

 

費用は、開催団体によって異なりますので、詳しくは各団体にお問い合わせ下さい。概ね3000円?4000円程度となっています。

 

 

【Q&A】
Q.酒類販売管理研修は1度だけ受講すればいいんですか?
A.定期的に研修を受講して、常に新たな知識を得ておくために、法令に規定はありませんがだいたい3年を経過するごとに改めて受講するよう求められています。

電話でのお問合せ・相談はこちらから(初回無料です)
052-528-1507
(受付時間:月〜土曜日の9時〜20時)

お電話いただくと「ありがとうございます、フレックス行政書士事務所です。」と出ますので、「NPO法人の設立を依頼したい」「NPO法人の設立について相談したい」などご用件をお願いします。

名古屋酒類販売免許申請代行オフィス(フレックス行政書士事務所運営)
〒451-0016 愛知県名古屋市西区庄内通4-12 あさひビル4C
お客様専用安心ダイヤル
TEL:052-528-1507 
FAX:052-528-1508
受付時間:月〜土 9時〜20時(初回無料)
メールでのお問合せ:info@taka-office.com

※お電話いただく際にご注意ください。
  • お名前を必ずお願いします。
  • 書類の書き方についてのご相談はお受けしておりません。書類の書き方に関してご不明な場合は、左のリンクから提出先の役所へ確認をお願いします。
※行政書士には、お客様からお聞きしたことを誰にも漏らさない義務(守秘義務)が法律で定められていますのでご安心ください!